五島列島でヒラマサ

2017.04.30


4月26日、27日と五島列島にテスト釣行とツアーの勉強を兼ねて輪島からはSeacret 代表 谷内口 冬馬と諏訪丸 若船長の山中 雄飛君で行って来ました。

今回の五島列島ヒラマサキャスティングツアーは

 

SeacretとEarth Field Fishing(平山克史代表)による初のコラボツアーを開催となり今後Seacretでツアーを計画する上で非常に勉強になりました!

 

初日、Earth Field 平山さんが13kgを筆頭にLDタックルでの10kgオーバー含め4本キャッチ!

Earth Fieldから参加の濱内さんが推定20kgオーバーを

fish trippers village ルグランタンゴで2本ヒットさせるも

惜しくもラインブレイク!

 

 

Seacretから参加の諏訪丸 山中 雄飛くんも推定20kgオーバーをHAMMER HEAD CHERRY Pai 220とextreme lure クルットー 22cmで2本ヒットさせるも、1本はあと少しのところで船べりラインブレイク。

 

もう1本はヒット直後から止められずラインブレイク!

 

その後自分が23.2kgをRipple Fisher Ultimo 83MLを使用し、Rattler210でキャッチした後11kgクラスをUltimo 711MLを使用し、RST supply NEZUL 180 (Proto type)でキャッチ!

 

2日目、午前中にヤズのバイトが多発しだし、自分が13kgオーバーをUltimo 83MLを使用し、RST supply NEZUL 180 (Proto type)でキャッチ!

 

その後同じロッドとルアーで10kgクラスを追加。

 

終盤に差し掛かり濱内さんと雄飛に両者ともAquila 711HH+Monsterを使用し、13kgクラスの同時ヒットで2人ともしっかりキャッチ!

最後の流しに近づき雄飛が操るHAMMER HEAD CHERRY BOY 240 に派手なバイト!前日に20kgオーバーの引きを2本も体験し反省点も理解できたようで余裕を持ってファイトして上がってきたのは16kgクラスのヒラマサ!

 

これで参加者全員13kgオーバーをキャッチし大満足のツアーとなり終了。

 

20kgオーバーを獲るためには大型と対峙するための経験、準備、使用するロッド、リール、ノットなど、どれか一つでも欠けると相手すらしてもらえないとゆう事を痛感しました。

 

STATUS 朝長船長に2日間お世話になり、Seacret、諏訪丸ともに船長のご指導により成長できたと思います。本当にありがとうございました!

 

今後Seacretではどんどんツアーを企画していくので参加して大型のヒラマサやGTを釣りたい方がいたら全力でサポート致しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

タックルデータ

諏訪丸 山中 雄飛氏

タックル1)15.8kg 、11.5kg
Aquila 711HH+Monster
STELLA14000XG
YGK ODDPORT #6
YGK TPⅢ 110lb
ルアー)
HAMMERHEAD CHERRY PAI 220
CHERRY BOY 240

タックル2)
Aquila 85H+Monster
STELLA14000XG
YGK ODDPORT #6
YGK TPⅢ 110lb
ルアー)
EXTREME LURE Kurutto〜pencil 22cm

Seacret 谷内口 冬馬

タックル1)23.2kg、13.5kg、11.2kg
Ultimo 83ML
STELLA14000XG
YGK ODDPORT #6
YGK TPⅢ 110lb
Native Works Rattler 210
Napalm 220
RST supply NEZUL 240(Proto type)
180(Proto type)
EXTREME LURE Kurutto〜pencil 22cm
Dekaosugi 22cm
HAMMERHEAD CHERRY Pai 220
CHERRY BOY 240

タックル2)10.2kg
Ultimo 711ML
STELLA18000Hg
YGK ODDPORT #8
YGK TPⅢ 130lb
RST supply NEZUL 240(Proto type)
EXTREME LURE Kurutto〜pencil 22cm
Dekaosugi 22cm
HAMMERHEAD CHERRY BOY 240

フック)
DECOY サージェント 7/0、5/0、4/0