磯ヒラマサの釣果報告2

2017.12.6

新潟県の高野様から磯ヒラマサの釣果報告を頂きました!

 

Seacretでベイトタックルを一式導入して下さり、そこからマグネットブレーキのセッティング、キャスト練習、ライン捌きの練習をみっちりこなし、現場に通い詰めひたすら魚との距離を詰める為釣行を重ねていました。

 

幾度となくヒラマサのチェイスやバイトがありながら、今までのスピニングタックルからの違いもあってか、なかなかキャッチに至らず何度も悔しい思いをしていたと思います。

 

ですが、もう晩秋?いや冬?のつい先日、諦めず努力と通い続けた結果が実りとうとうヒラマサを見事にキャッチされました!

「いろんなトラブルがあったけど(笑)初ベイトタックルで思い出に残る魚です!ありがとうございました!」

 

「ロングリーダーのファイト最高です!メインラインも太いので、安心感が違います!」

 

などとコメントを頂きこちらも、悔しそうな高野様を何度も見て来たのでホッとしたと同時にありがとうございますといった気分になりました。本当におめでとうございます!ありがとうございました!

 

ご使用タックル

Ripple Fisher  Runner Exceed 105BHH

SHIMANO TALICA10

PE #8 + Nylon #30 15m

Native Works Napalm200

DECOY SERGEANT JS-1 5/0

 

また懲りずにサイズアップを目指し頑張ってください!

 

春はヒラマサ、夏はアカメに、秋もヒラマサと大忙しだと思いますが、今後も嬉しい報告お待ちしております。