種子島釣行2

2017.07.30

種子島釣行キャスティング最終日の3日目は朝イチから柿下君がキメジをキャッチしいい流れでスタートします。

 

初日から誰よりもGTのバイトを出していた枡田 悟君はこの日も釣ります!

 

屋久島のポイントで小型ながらGTのダブルキャッチ!!

 

 

同じタイミングで自分のルアーにも待望のバイトがありましたがフッキングせず…

 

3日目も船長に長い距離を走ってもらい色んなポイントを探って行きますが自分と柿下君はなかなかGTの反応を得られず夕方に…

 

それでもGTを釣っていない2人は休まずにキャストをを繰り返します!

 

そうこうしているうちに潮が速く潮波が立つほどのシャローのポイントに到着。

 

もう残り時間もわずかなので集中して投げているとついに柿下君が操作するプラグにバイト!

 

慌てずしっかりプレッシャーを掛け続けていき余裕を持ってファイトし上がったのは良型のGTです。

 

 

まだGTは2本目との事でしたが安定していて見ていても不安なくファイトしていました。お見事!

 

さあ残すところ自分だけとなり焦りとプレッシャーで押し潰されそうになりますが諦めずキャスト、キャスト!

 

…しかし、最終日もGTを上げられず終了しました。

 

次の日はジギング班と合流してカンパチ狙いのジギングです。

 

その夜ジギングタックルを準備していると船長から明日も潮が速ければジギングしづらいのでカンパチがダメならGTのポイントを流すかもしれないのでキャスティングタックルも少し準備しておいて下さいとのこと!

 

種子島最終日はパヤオからスタートしました。

 

もしかするとGTという淡い期待はせずにジギングに集中しますがヒットするのはカツオや赤ヤガラなどで本命がなかなか姿を見せてくれません。

 

時間だけが過ぎていきカンパチの反応がないまま最終ポイントに到着してジギングを頑張りますが釣れませんでした。

 

ここでもう終わりかと思いきや、なんと船長が潮が速そうなのでひと流しだけキャスティングをやってみますと言って頂きました!

 

願っても無いチャンスにプレッシャーも焦りもなく無心でキャストしました。

 

ここぞというところに差し掛かった瞬間…自分のルアーに派手なバイトが!

 

しっかりフッキングも決まりファイト開始!

 

ナイロン30号を15mのロングリーダーシステムでGTの走りを制御しつつ慎重にリフトしファーストGTをキャッチさせて貰いました!

 

最後の最後にドラマのような締めくくりを出来て船上の全員に祝福してもらい幸せなひとときでした。

 

今回お世話になった島崎船長親子、Yamaga&Rippleのスタッフの方々本当にありがとうございました!