種子島弾丸Trip

2017.04.14



4月10日、11日でYamagaBlanksフィールドスタッフの木村亮太氏と種子島の西之表に釣行してきました!

 

9日22時頃に輪島から車で神戸に向け出発。

 

3時頃に着き24時間営業の釣具店に寄るなどして4時過ぎに仮眠を取り、7時半に木村氏と合流して空港に向け出発。

 

神戸空港から飛行機で鹿児島空港に飛び、高速バスを乗り継ぎ鹿児島港から種子島行きのトッピーに乗り昼過ぎに到着!

 

狙いはもしかするとGT?青物?って感じだったんですが、生憎の暴風雨により好調と聞いていたアオリイカすらも渋い状況。

 

種子島西之表のGT船【豊生丸】の岩元船長と合流し、できそうなポイントを見て回るも全身びしょ濡れで釣りどころではないので宿に戻り夕食へ。

 

船長行き着けの居酒屋で低価格で美味しい焼酎や魚などをお腹が裂けるくらい食べて堪能しました。

 

 

 

夜中0時過ぎに風向きが変わるタイミングで3時間程限定で雨も風も弱まる予報だったので、近くの港でエギングに行きました。

 

2時間くらい2人で投げ続けた頃、木村氏に待望のヒット!

 

500mlのペットボトルよりは重さのありそうなアオリイカをYamagaBlanks calista 86M/TZ NANOでキャッチ。

 

モンスタークラスのアオリイカでも十分対応できるくらい余力を残しながらファイトから抜き上げまでしていました!

 

 

堤防の角で2人で喜びはしゃいだ後、4時過ぎまで投げ続けるもノーバイトで終了し、

また強風が吹き始めたので朝マズメからヒラスズキ狙いに変更し釣りが可能な磯を回ることに。

 

一ヶ所目から出そうなポイントを撃っていくもちぎれ藻がひどくなかなかバイトを出さない状況…。

 

木村氏が遥か彼方まで行っていて声も届かず移動も出来ないのでルアーを見せていないポイントが残っていたので投げてみることに。

 

タイミングを合わせTackle house K2F142を投入し一投目でヒラスズキが瀬際でバイト!

 

立ち位置の前には頭を出している瀬がゴロゴロあるポイントでしたが、

 

Ripple Fisher Monster Impact 110HH BAITと

Calcutta Conquest 301 の組み合わせなので波に合わせ瀬の上を滑らせるようにリールを巻いて一気に距離を詰め裏側に回り込ませランディング!

 

 

60cm程でしたが前日から厳しい状況でほぼ寝ずに釣りをして種子島で初のヒラスズキだったので最高に嬉しかったです!

 

それからバイトが無くなり10ヶ所くらい回るも風も波も強く濁りも入りだし納竿。

 

天候や釣果には恵まれなかったですが、内容の濃い楽しい釣行になりました!

同行してくれた岩元船長や木村氏、お世話になった方々本当にありがとうございました。

 

またオフショアやショアから釣りに行きます!!!

 

 

そしてその日の夜21時頃に神戸に戻り、1時過ぎには輪島に向け出発。途中仮眠を取り午前9時頃に無事帰宅。

 

そこからすぐ店舗内装の製作にかかり夜にはフラフラになりだしたので早めに就寝して種子島弾丸Tripは終了となりました。

 

長くなりましたが当ブログ見てくださった方お付き合いありがとうございました!

 

この日からさらに店舗内装が進み明日大方完成予定なのでまた報告したいと思います。